わき脱毛とワキガの関係について

わき脱毛とワキガの関係について!

わき脱毛をするとワキガや多汗症になってしまう。

 

・・そんな話を聞いたことがありませんか?

 

でも、それって本当なのでしょうか?

 

ワキガ

 

わき脱毛をするとわきがくさくなる?

脱毛経験者に聞いたところ、脇脱毛を完璧にした後で、わきのにおいが気になるようになったということは事実だそうです。

 

しかしわき脱毛をしたからといって、本当にわきからにおいがするようになるかというと、それは事実ではありません。

 

わきはとても汗をかきやすい場所ですが、わき毛があるときには汗は毛の間に一度たまります。

 

そのため、それほど気になることはありません。

 

しかしわきを完璧に脱毛すると、汗はたまるところを失って流れていきます。

 

それが気になり、こんなに汗をかくことは今までなかったと焦ってしまってさらに汗をかく。これを多汗症になったと感じてしまう人もいるようです。

 

 

しかも神経質になると自分の体がにおうような錯覚も起こします。

 

「脱毛後のわきのにおい」はそれが原因なのです。

 

実際には、脱毛したからといって急にわきがにおうことはありません。

 

 

ワキガになることは?

それではワキガの人の場合はどうでしょう?

 

結論、脱毛でワキガになることはありません。

 

 

ではその逆で、ワキガが治るという人もいます。

 

ワキガの原因はアポクリン汗腺から出ている汗です。

 

そのため、脱毛したからといって汗が出なくなるわけではないですから、ワキガが治るとは言えません。

 

ただ、全く影響がないかというと、そうでもありません。

 

 

脱毛の時にフラッシュ脱毛を行った場合には、強力な光によってアポクリン汗腺を破壊することがあります。

 

そのため、脱毛したことでにおいが軽減したという例は珍しくありません。

 

人によっては、わき脱毛をすることによって、長年のワキガから解放されたという人もいるほどです。

 

におい

 

ワキガと毛の関係

ワキガの臭いはわき毛がのびているとより臭いが強くなる傾向にあります。

 

というのは、わき毛が生えている場合には、その部分の湿度が上がり、もともと皮膚にある常在菌が増えやすくなってしまいます。

 

さらに常在菌は毛根部分に特に多く繁殖する傾向があります。

 

 

そのため、わき毛を脱毛すると常在菌は生息する場所が少なくなり、また生息してもなかなか繁殖ができなくなります。

 

つまりアポクリン汗腺から出る汗を分解する菌が減り、においを減らすということになります。

 

 

ワキガのにおいの軽減方法

ワキガに悩んでいる人は、わきの脱毛後にボトックス注射をするのもおすすめです。

 

ワキガを完治させることはできませんが、注射によってにおいを緩和することは可能です。

 

ボトックスというのは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、アセチルコリン分泌阻害という現象が起き、一時的に身体の機能を麻痺させます。

 

この性質を利用すると、汗をかきにくくなり、そのことでにおいの元も減るので、ワキガも軽減されるということにつながります。

 

 

また脱毛後は塗るタイプの制汗剤をつかうのがおすすめです。

 

汗が流れると制汗スプレーでは流れ落ちてしまうので、汗止めに特化したものなど、流れ落ちにくい塗るタイプの制汗剤を使うのがいいでしょう。

 

 

そもそもワキガで、わき毛の自己処理をし続けるのも大変です。

 

あまりにも気になるなら、脱毛サロンなどで脱毛したほうがよいかもしれません。

 

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら