脇脱毛をスポーツ選手がかかさない理由は?

脇脱毛をスポーツ選手がかかさない理由は?

脇脱毛はスポーツ選手にもかかせないケアだと言うことをご存じでしょうか。

 

タレントやモデルと同じく人目にさらされることが多いため、エチケットとしてムダ毛処理する意味もあります。

 

しかしアスリートならではの理由もあるのですよ。

 

なぜムダ毛のない美しい肉体をしているのかを見ていきましょう!

スポーツ選手

 

脇脱毛はアスリートにとってもエチケット

日本人目線で女性のワキ毛はエチケット違反と浸透しています。

 

「本来ムダ毛は男性の象徴で、女性にはないもの」というイメージが定着しているので、もし生えていればマナー違反だと思われてしまいます。

 

よってスポーツ選手もしっかりと脇脱毛をしています。

 

 

例えば常に腕を上にあげる動作の多いバレーボール選手。次に見たときによく観察してもらいたいのですが、みんなしっかりとワキ毛の処理がされています。

 

スポーツ選手にとって脇脱毛はエチケットとしてだけでなく、たくさんかいた汗による、臭いを抑える意味もあると考えられるでしょう。

 

 

海外選手でも脇脱毛がかかせない国があるようです。男性もしっかり処理されているくらい常識になっている地域もあるほど。逆にまったくケアしない国もあります。

 

国によって文化が違いますが、日本のように女性の脇脱毛が非常識になっているところではしっかり処理しておきたいですね。

 

勝つために脇脱毛は必要なことだった!

シンクロナイトスイミング、フィギュアスケート、新体操などは、演技の技術だけでなく見た目の美しさも大きく評価されます。

 

ウソのような話ですが、メイクや衣装も評価対象になります。それでもし競技中にワキ毛が生えていた…ということになれば、間違いなくマイナス評価につながるでしょう。

 

よって金メダルを目指すためにも脇脱毛はかかせないポイントになります。

 

 

もちろんフィギュアスケートなどの競技ではワキ毛だけでなく、全身のムダ毛処理がかかせません。

 

特に競泳は水の抵抗を防ぐためにムダ毛処理を行い、タイムを縮める努力をします。ほんのごくわずかの抵抗が、タイムに影響してしまうからです。

 

同じく競輪も風の抵抗を防ぐためにムダ毛処理を行います。

 

サッカー選手はユニフォーム内のムレを防いで試合に集中するため、アンダーヘアだけでなく、全身の体毛を処理しています。

 

また体毛の摩擦によって皮膚が傷つくのを防ぐためにも脱毛がかかせません。

 

このようにスポーツ選手は美しさだけでなく、勝つために脇脱毛やムダ毛処理をしているのです。

 

スポーツ選手はどうやってムダ毛処理しているの?

アスリートもムダ毛処理に自己処理派の方とサロン派がいます。

 

自己処理の場合、大会前日にシェーバーでワキ毛や全身のムダ毛を脱毛するのが一般的です。

 

万が一に備えてシェーバーを携帯する方もいるほどの徹底ぶりで、どれだけ脱毛に神経を使っているのかはかり知れますね。

 

 

ただワキ毛のように濃いムダ毛は前日に処理しなければ当日生えてきてしまいます。

 

また前日は試合に備えてゆっくりと休む意味でも、サロン脱毛を利用しているスポーツ選手も多いでしょう。

 

自己処理は思っている以上に労力を使います。

 

また特に脇毛は目立ってしまうので、エステなどの脱毛は非常に役立っていると言えるでしょう。

 

 

スポーツ選手が脇脱毛をかかさない理由は、一般人と同じくエチケットだからです。

 

他にも汗のムレを防ぐなどの理由だけでなく、大会の評価につながるからだと言うのは正直驚きですよね。

 

プロ意識が強いアスリートこそ、サロンやクリニックの脇脱毛は役立つと言えるでしょう。

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら

脇脱毛をスポーツ選手がかかさない理由は?【勝利のために必要】