脇の黒ずみの原因は?

脇の黒ずみの原因は?ムダ毛処理で改善する方法

脇の黒ずみを招いてしまう原因は何なのでしょうか。

 

シェーピングや毛抜きでワキ毛を抜いていたら、黒ずみができてしまった…という経験をしたことがある人もいるでしょう。

 

実はわきの肌質と自己処理の影響が、黒ずみと大きく関係しているのですよ。

 

そもそも黒ずみの原因は何?

黒ずみの原因はメラニン色素と古い角質の蓄積です。

 

いずれも自己処理の刺激によって引き起こしてしまいます。

 

 

メラニン色素による黒ずみ

人間の体はムダ毛処理でなくても負担をかけることによって黒ずみができてしまいます。

 

黒ずみの正体はシミの正体でもあるメラニン色素です。

 

皮膚は紫外線や摩擦などによってダメージを受けるとメラノサイトがメラニンを排出します。

 

表皮細胞をメラニン色素で黒く覆うことによって傘のような役割をし、外的刺激から肌を守ろうと働きます。

 

 

古い角質の蓄積

またカミソリなどによってワキに摩擦などの負担がかかると、本来はがれ落ちるはずの角質が残ってしまい肌を厚く保とうと働きます。

 

古い角質の蓄積は黒ずみの正体であり、刺激から肌を守るために働く防御反応とも言えます。

 

毛抜きによって毛穴周辺の組織がムリヤリはがされてしまうと、早く皮膚を再生しようと古い角質が蓄積し、毛穴に黒ずみを作ってしまいます。

 

ダメージを受けやすい脇はとってもデリケート

メラニン色素の沈着と古い角質の蓄積によって黒ずみができてしまいます。

 

さらに体の中でも脇はダメージを受けやすいパーツのひとつです。

 

他と比べて皮膚が薄いのでシェーバーなどによる刺激を受けやすく、黒ずみができやすい環境だと言えます。

 

 

スキンケアも忘れずに

どうしても脇は黒ずみになりやすい部位ですが、ムダ毛の処理方法によって大幅に改善できますよ。

 

脇毛の処理はエステやクリニックがベスト。

脇毛の処理はエステやクリニックを利用しよう

まず脇毛の処理は刺激を最低限に抑えるためエステやクリニックを利用しましょう。

 

サロンなどの脱毛は、施術を重ねるごとに徐々にムダ毛がなくなり、やがて生えてこなくなります。

 

毛がなくなればシェーピングや毛抜きを使う必要がなくなるので、肌への負担が大幅に軽減されますよ。

 

まずは黒ずみを取るケアよりも増やさないことが大切です。

 

 

保湿も忘れずに!

脇毛の脱毛はサロンやクリニックに任せて、保湿に力を入れましょう。

 

うるおいある肌はターンオーバーをアップして古い角質をはがし、黒ずみを改善へ導きます。

 

刺激の少ないローションやクリームを使って、毎日こまめにケアしてください。

 

化粧品をパンパンはたきこんだり、刺激があるものを使ったりすると逆に黒ずみを濃くしてしまうので、やさしい処方のものを選んでください。

 

ワキ専用のコスメもおすすめです。

 

 

ひどい場合はクリニックに相談して

基本的には自己処理をやめて保湿を行えば黒ずみは改善していきます。

 

ただあまりにもひどい場合はクリニックで相談するのをおすすめしましょう。

 

レーザートーニングやビタミンイオン導入など、適切な方法を進めてくれるので最終手段として覚えておいてくださいね。

 

まとめ

脇の黒ずみの原因は自己処理によって作られたメラニン色素と古い角質です。

 

特にムダ毛処理は皮膚へのダメージが強く、黒ずみやすい環境にあるので注意しましょう。

 

改善するためには、永久脱毛を目指したムダ毛処理から始めると効果的ですよ。

 

関連ページはこちら

ワキの黒ずみについて

 

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら