脇のブツブツの原因は?

脇のブツブツの原因は?正しいムダ毛処理で解消する方法

脇にできてしまうブツブツの原因は何なのでしょうか。

 

多くの場合、ムダ毛の自己処理後にできてしまうことが多い症状です。

 

一時的な場合もありますが、中にはずっと続くこともありウンザリしてしまいますよね。

 

ここでは正しいムダ毛処理によって解消する方法をご紹介しましょう。

 

残ってしまうブツブツの原因は?

もっとも多く見られる脇のブツブツの原因はムダ毛の自己処理です。

 

シェーバーでの処理後に黒いブツブツが残ってしまうのは、皮膚に残っている毛が透けて見えるからです。

 

中にはまれに皮脂汚れなどによって、白いブツブツができてしまうこともあります。

 

しかしもっともブツブツをひどくしてしまう原因は、ムダ毛のセルフケアでしょう。

 

 

カミソリ

刃を直接肌に当ててムダ毛を剃るカミソリは、皮膚の表面も剃ってしまいます。

 

すると肌を守っているバリアもはがれ雑菌が侵入し、炎症や赤いブツブツを引き起こしてしまいます。

 

特に不衛生なカミソリには雑菌がたくさんいるので、使ったらしっかり乾燥させて清潔にしておくことが大切ですよ。

 

特に脇はデリケートなので、気を遣いましょう。

 

 

毛抜き

ブツブツの原因でも、もっともひどい状態を招いてしまうのが毛抜き処理です。

 

ムダ毛を無理に引き抜くことで、雑菌が毛穴に入り込みやすくなってしまいます。

 

また毛を抜いたとき同時にはがれてしまった皮膚によって内出血を起こします。

 

すると炎症を引き起こし、ブツブツを招いてしまいます。

 

 

さらに毛を引き抜くときの刺激によって毛穴がダメージを受けます。

 

すると皮膚を守るためにメラノサイトがメラニン色素を排出します。

 

また傷ついた肌を修復するために古い角質を蓄積させ、厚みを増して守ろうとするため黒ずみを招いてしまいます。

 

 

カミソリ処理などで残った毛根のブツブツを隠すために毛抜き処理を始める方が多いですが、逆に目立たせてしまいます。

 

特に脇はデリケートなので抜く処理はおすすめできません。

 

ボツボツの原因の多くが「抜く」処理の影響なので今すぐ使用を中止しましょう。

 

脇に最適なムダ毛処理やスキンケア方法

では脇のボツボツをなくすためにはどのようなムダ毛処理をすればいいのでしょうか。
またどのようなケアが必要なのでしょうか。

 

 

サロンやクリニックでの脱毛がおすすめ

シェーピング後の目立つ毛穴も、ダメージの強いカミソリや毛抜きなどによってできてしまったボツボツも、サロンやクリニックでの脇脱毛で解消されます。

 

まずは自己処理から解放してあげるのがブツブツ解消にかかせないので、ムダ毛0にするためにも検討してみましょう。

 

 

保湿ケアを徹底して

毛穴の黒ずみによるブツブツを解消するためには脇の保湿を徹底しましょう。

 

うるおいのある肌はターンオーバーを活発にし、メラニン沈着や古い角質をはがします。よって毛穴の黒ずみを改善できますよ。

 

 

またバリアを高めるためにも保湿はかかせません。

 

色素沈着を落とすためにビタミンC誘導体やハイドロキノンなどが有効ですが、肌の弱い脇には適さないので使わないでください。

 

 

自己処理ならフラッシュやレーザーを

でもなんとか自己処理でブツブツを改善したいと言う方におすすめなのが、フラッシュやレーザーを用いた家庭用脱毛器です。

 

いわばエステやクリニックのパワーダウン版で、緩やかな効果が期待できますよ。

 

永久脱毛を目指している方にもおすすめです。

 

 

まとめ

脇のブツブツの正体は、赤ければ雑菌による炎症、黒ずんでいるようならメラニンと古い角質の蓄積です。

 

皮膚をケアするのと同時にムダ毛の自己処理から完全に解放されるのが、改善するためにはかかせません。

 

よってまずは永久脱毛を目指したムダ毛処理から始めることをおすすめします。

 

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら