アトピー肌や敏感肌の人のわき脱毛ってどうしたらいい?

アトピー肌や敏感肌の人のわき脱毛ってどうしたらいい?

アトピー肌や敏感肌はサロンで脱毛できる?

アトピー肌なんだけどわき脱毛はできればしたい。でも、できるのかなと不安に思っている人も少なくないはずです。

 

実際のところ、アトピー肌の人でもわき脱毛はできるのでしょうか?

 

できたとして、その後でアトピー肌に悪い影響はないのでしょうか?

 

 

結論、脱毛サロンで使われている光脱毛は肌への刺激がレーザー脱毛よりも少なく、アトピー肌や敏感肌でも受けられる確率は高いと言われています。

 

 

ただし、脱毛後は肌が非常に乾燥します。

 

そのため、アトピー肌や敏感肌の人は、あとの処置をしっかりしておかなければ症状が悪化することもあります。

 

また、脱毛するときにも、敏感肌がひどく荒れていたり、アトピーの症状が強いときには施術を受けることができません。

 

だから事前に皮膚科に行って、脱毛をしてもいいか診断してもらいましょう。

 

 

自己処理はしてもいいの?

アトピー肌や敏感肌の人が、カミソリなどで自己処理をしてしまうと、皮膚が傷つく可能性があります。

 

そのためお医者さんにカミソリで処理をしてもいいかと質問して、OKをもらったら様子を見ながら脱毛をするのがいいでしょう。

 

ただし、相手が男性のお医者さんの場合にはなかなか脱毛の話はしにくいものです。

 

脱毛の必要性を相手が理解してくれない、アトピーなのにそんなことを気にするなんて!と怒られてしまうかと心配になる人もきっといるはずです。

 

では、アトピーや敏感肌の人は、やっぱり脇脱毛はあきらめたほうがいいのでしょうか?

 

そんなことはありません。

 

わき脱毛する際には、皮膚科の診断を受けてからの方がよいのはもちろんですが、医療系のクリニックで脱毛をすれば普通の脱毛サロンより皮膚に対する医学的な知識が豊富なので、より適切に施術をうけられるはずです。

 

一方、脱毛サロンの光脱毛に使われているフラッシュはもともとエステの美肌のために使われていたので、美肌効果も期待できますね。

 

 

ちなみに専門家の意見では、基本的にはアレルギー体質でも脱毛を行うことには問題はありません。

 

ただし問題になるのは、カミソリで肌を削ったり、毛抜きで毛を引きちぎったりという間違った自己処理によって肌を傷つけているという場合です。

 

できれば肌にトラブルを抱えている場合には、自己処理は避けたほうがいいでしょう。

 

クリニックなどで脱毛すれば、その後のケアなどの点でも安心で、むしろレーザー脱毛をすることで肌が綺麗になる方が大半です。

 

ただアレルギー症状として、皮膚が炎症や色素沈着を起こしている場合、少しそれが落ち着いてからの脱毛を行ったほうがいいといった意見もあります。

 

やはりそれぞれの症状に応じて脱毛が可能かどうか、専門家の診断をもらったほうがよさそうですね。

 

 

まとめ

肌が弱くても脱毛の施術を受けられることが多いのですが、すごく心配なら肌にテスト照射をしてもらって様子を見て、問題なさそうなら脱毛の施術を受けるということもできます。

 

脱毛サロンではよく相談してみましょう。

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら

わきの脱毛に電気シェーバーって向いてるの?

わきのムダ毛は気になる場所でもあり、手っ取り早く処理できるため、カミソリを使っている人も多いと思います。

 

 

でもカミソリの刃は直接肌にあたるため、肌を傷つける恐れがあります。

 

ノースリーブを着るために処理したのに、わきが赤く腫れていたらがっかりですよね。

 

肌を傷つけずにそりたいと思ったら、電気シェーバーを使用するがおすすめです。

 

 

わき毛の処理に電気シェーバーがおすすめなわけ

カミソリを使った場合、毛だけではなく肌も削ってしまうため、様々な肌トラブルが起こってしまう可能性があります。

 

毛を引きちぎってしまう毛抜きや、ほかの方法でも肌にトラブルが起こることが多く、自己処理のときにはオススメしません。

 

またわきは起伏があるため処理が難しい場所ですが、電気シェーバーの場合は、外側の刃で皮膚を押し、わき毛を押し出してから内側の刃でそっておくため、刃が直接肌に触れることがなく、その分肌への刺激がほかの脱毛法などに比べると少ないとされています。

 

 

電気シェーバーのメリットとは

カミソリと比べた場合、まず肌を傷つける危険がありません。

 

また摩擦が少ないため、処理した部分の角質が厚くなってしまうということも防ぐことができます。

 

角質が分厚くなってしまいそれに伴い色素が沈着しやすいものですが、電気シェーバーならその心配もいりません。

 

さらにカミソリを使ったときよりも、そった後が乾燥しないというのもメリットのひとつです。

 

 

電気シェーバーのデメリットとは

電気シェーバーを使用するデメリットは、毛が濃い場合には処理のあとが目立つことです。

 

 

電気シェーバーで処理した場合、剃っているのは肌の表面に出ている毛だけです。

 

つまり毛穴の中にはしっかり毛が残っている状態。

 

ひげの濃い男性の場合、朝でも頬が青くなっていることがありますよね?それと同じことがわきでも起きてしまいます。

 

電気シェーバーの特性上、これを防ぐという方法は残念ながらありません。

 

また電気を使うので、長時間の充電が必要な点も少し不便です。

 

やりたいときや処理している最中に充電が切れてしまったら、充電できるまで待つしかありません。

 

 

そして使っているときの音が結構うるさいというのもデメリットのひとつです。

 

特に、彼氏やパートナーと一緒に住んでいて、脱毛していることを知られたくないという人には結構なストレスになるかもしれません。

 

また使い捨てカミソリと違い、電気シェーバーのお手入れも必要になってくるのが少し面倒ですね。

 

 

まとめ

メリットもデメリットもありますが、敏感肌でカミソリ負けしやすい人には電気シェーバーが向いています。

 

刃物が怖いという人も、直接皮膚に刃があたらないので安心ですね。

 

また寮生活など、共同のお風呂に入っている人はお風呂場でムダ毛の処理をしづらいということもあり、そういうときにも電気シェーバーが活躍します。

 

肌を傷つけたくない、黒ずみを作るのが嫌という人にもおすすめです。

 

 

とはいっても電気シェーバーだけで脇がつるつるになることはありません。

 

やはりどうしても気になるようなら脱毛サロンで脱毛しましょう。

 

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら

わきの脱毛に除毛クリームを使っても大丈夫?

脱毛クリームは自分でケアするときには非常に便利な存在です。

 

 

でも、ちょっと待って!

 

実は除毛クリームは、ケラチンたんぱく質と呼ばれる毛の成分を分解して除毛するというもの。

 

要するに、邪魔な毛を溶かしてきれいにしているんです。

 

 

ただし、溶けているのは毛だけではありません。

 

お肌にはケラチンたんぱく質と似たようなタンパク質が含まれています。

 

そのためクリームは毛だけでなくお肌にも作用してます!

 

つまりをお肌も回数を重ねるごとにだんだんと溶けていってしまうのです。

 

除毛クリームは手軽だからとあまり使っていては大変なことになるかもしれません。

 

 

除毛クリームのデメリットって?

除毛クリームは毛のタンパク質に反応し、毛を分解していきます。

 

同時に肌もタンパク質からできているため、除毛クリームを使うたびに少しずつ肌が解けていきます。

 

 

ひりひりすると感じたときには、それはお肌がダメージを受けている証拠。

 

商品によって刺激が強いものも多いため、敏感肌やアトピーの人は必ず事前にパッチテストが必要です。

 

 

パッチテストとは絆創膏のガーゼ部分にクリームを塗り、二の腕や太ももの内側に貼り付けて赤くならないかどうかをチェックするテスト。これは48時間続けて行うのが基本です。

 

ここで赤くならなければ大丈夫ですが、48時間経たなくても皮膚が赤くなってきたり、痛みを感じたらお肌がSOSを出している証。

 

すぐに取り外して、クリームを洗い流しましょう。

 

 

テストをしたからと言って安心はできません!

刺激が強いものが多い商品ではなく、「敏感肌用」の除毛クリームを選んで使用したところ、パッチテストは何ともなかったけれど、脱毛直後から肌がひりひりしてきたので1回で使用を中止した、という経験をした人もいます。

 

 

脱毛をして、肌の表面がきれいにつるつるになったのですが、あとでひりひりしたということは、お肌の表面が少しダメージを受けた証拠です。

 

もともと敏感肌の人はもちろん、体調が悪いときは普段よりも肌がダメージを受けやすくなっていることもあります。

 

ホルモンバランスが乱れている生理中の人なども注意が必要ですね。

 

 

また除毛クリームを使ったら毛が濃くなったという話も聞いたことがありませんか?
人の身体は自分の身体を守るために防御するための存在。

 

お肌だけでなく、体毛もその役割を担っています。

 

除毛クリームを使って処理したところ肌がダメージを受けたのを感じた体は、それを守ろうと毛がかえって濃くするということも考えられます。

 

 

まとめ

除毛クリームの使い方はいたって簡単です。乾いた皮膚の上に毛が隠れる程度に塗り、時間をおいてから洗い流す、これだけです。

 

とても簡単ですがデメリットがあることは覚えておきましょう。

 

 

また、自分の肌はダメージを受けていないと思っていても、処理したあとクリームを洗い流したと思ってもきちんと洗えていないこともあります。

 

少なくとも20〜30回はぬるま湯ですすぎ、完全に肌から落とすことが大事です。

 

 

除毛クリームは自分の肌の状態や体調などを見て使用しましょう。

 

 

ワキ脱毛おすすめランキングはこちら

乾燥肌と脱毛

私は、アトピー体質で乾燥肌の敏感肌です。

 

20代前半に脱毛サロンに通い、人生初のレーザー脱毛に挑戦しました。

 

脱毛箇所は、脇、腕(肩から手の甲、指まで)、足(太もも付け根から足の甲、指まで)当時は通うまで知らなかったのですが、レーザー脱毛はお肌が乾燥した状態で当てると、ピリッと痛いです。

 

当時、粉を吹く程の、超ド級の乾燥肌代表だった私は、レーザーを当てるたびに痛くて痛くて、涙を我慢してました。

 

しかし、無駄にやせ我慢して、美しさを手に入れたい一心で、レーザーを当てるたびに体がビクッとなる痛みをこらえながらレーザー当ててました。

 

そのうち、痛みを和らげる為に、普段からのケアで保湿を心がけるようになり、当時の脱毛を担当してくださった美容部員さんにも、正しいスキンケアやおすすめの保湿クリームを習う等して、努力を続けながら脱毛に通う事2年。

 

 

脱毛を終える頃には、お肌に毛は一本もなく、ツルツル、モチモチ。

 

2年間痛みを和らげる為にお手入れを頑張ったかいがあり、乾燥肌もだいぶ改善され、本当に自分にも自信がもてるようになりました。

 

お肌の基礎知識も学ぶ事が出来て、脱毛サロンに通って良かったなと思います。

 

女の子は毛がないだけではダメだと思いました。

 

脱毛してもカサカサ粉拭き肌では意味がないです。

 

脱毛だけでなく、お肌のスキンケアを学び、女子力アップに努めた2年間。

 

当時の脱毛サロンに感謝です。

 

脇脱毛口コミトップページへ